超音波振動系の有限要素法解析(FINI)





 私の研究内容は、超音波振動の有限要素法解析です。…って言っても、まあ普通の人にはなんだか分からないでしょうね…。(笑)

 有限要素法Finite Element Method)とはシミュレーションの一分野で、本来航空機構造力学の分野から誕生しましたが、その汎用性の高さから現在では様々な分野で応用されています。その方法は、解くべき有限領域を要素と呼ばれる任意の小領域に分割して領域全体をその要素の集合体として連立方程式を構成し、数値解析します…難しく言えば…。(これでもかなり簡単に言ってるんだが…笑) ま、もう少しわかりやすく言うと、ある物体を細かく分解して、それぞれがどんなふうに変化するか、またそれぞれがお互いにどのような影響を与えるかを考えて、まとめてみて元の物体がどうなるかを考える方法…と言った所でしょうか。

 次に超音波振動体とは何か? 読んで字のごとく、超音波で振動するもの。(まんまやな。笑) 身近な例だと眼鏡屋の店先なんかによくある、あの眼鏡洗浄機。今解析してるのは、その巨大なもの。何でも、工場で液晶を洗浄するものだとかなんとか。

 以上が、私の研究内容です。



研究概要へ戻る
羽田野研のTop Pageへ戻る