超音波つまり波は、波動方程式で表現することができます。難しい事を省略して簡単に説明すると、この式を計算していけば、物体内のある場所に力を与えた時の波の発生、そして周囲への波の伝搬の様子が分かるということです。ちなみに、この式は3次元空間ではこのように表せます。

波動方程式1
波動方程式2 波動方程式3
ここで、u、v、wはそれぞれx、y、z方向の変位を示しています。
このu、v、wを時間を追ってシミュレーション上の全ての点について計算すればいいことになります。

ところが、上の式には微分項が含まれているのでこのままでは計算できません。

次に進む